PICK UP

生薬名

蔓荊子(まんけいし)

生薬ラテン名・学名

Viticis Fructus

生薬英語名

Shrub Chaste Tree Fruit

基原

蔓荊子(まんけいし)は、クマツヅラ科のハマゴウまたはミツバハマゴウの果実を乾燥したもの

蔓荊子(まんけいし)の作用・効能効果

疎散風熱、清頭目・止痛、祛風除湿

五味・五性・帰経の分類

生薬には「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

辛・苦

薬性

微寒

帰経(臓腑弁証)

膀胱・肝・胃

産地

三重、香川、鹿児島など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

解表薬

解表薬(げひょうやく)とは、発汗させることで表邪を発散し、表証を改善する薬のことです。

中薬中分類

辛涼解表薬

辛涼解表薬(しんりょうげひょうやく)とは、辛味で涼性の薬で発汗の力は緩やかで透熱散邪を促す薬のことです。

蔓荊子(まんけいし)が含まれる漢方薬

  1. 駆風触痛湯
  2. 滋腎明目湯
  3. 清上蠲痛湯
  4. 洗肝明目湯
福岡市内の漢方相談ならKAMPO楓堂へ
KAMPO楓堂

『KAMPO楓堂』

赤坂駅から徒歩5分の漢方相談薬店『KAMPO 楓堂』です。 大正通りにあるオレンジの看板が目印。 「漢方をもっと気軽に身近に」をコンセプトに”気軽に相談できる”漢方薬店です。 一人ひとりの体質やお悩みに合わせて、最適な改善方法をご提案し、健康のサポートをしています。

おすすめの記事