ブログ一覧

冷え性と漢方

冷え性と漢方

女性に多い悩みの1つ、冷え性は胃腸の機能低下による水毒や、血の流れが悪くなる瘀血(おけつ)、血の不足による血虚が原因のことが多くあります。

「冷えは万病の元」という言葉があるように、身体の冷えは頭痛や肩こり、腰痛など様々な不調の原因にもなっています。

冷えをなくすことで、他の不調を改善することにも繋がると考えます。

冷え性ってどんな症状?

冷え症の症状は、体質によって身体のどの部分が冷えるのかが異なってきます。

冷え性のタイプは主に4つにわけられます。

全身型の冷え性

全身型冷え性の特徴は、日常の生活習慣やストレスによる新陳代謝の低下が原因となり、全身が冷えるタイプです。

手足や末端だけでなくお腹周りや内臓、身体の芯が冷えを感じます。

全身が冷えを感じるとやる気や食欲が失われて、疲れを感じることがあります。

下半身型の冷え性

下半身型冷え性のタイプは、腰から下の特に下半身が冷える人はこのタイプです。

  • 上半身は温かいのに足が冷える
  • 足先やつま先が冷えやすい
  • ふくらはぎが冷えやすい

長時間のデスクワークやテレワークでは、お尻やふくらはぎの筋肉が動かされず血の流れが悪くなってしまいます。

下半身や足の血の巡りが滞ることで、下半身型の冷え性となってしまうのです。

下半身に対して上半身の血は巡っているため、顔や手は温かく、顔がほてりやすい特徴があります。

末端は冷えるのに上半身が冷えるのが「冷えのぼせ」の症状です。

末端型の冷え性

全身の末端まで熱を行きわたらせることができないのが末端型の冷え性です。

過度のダイエットをしているやせ型の女性や、10~20代の若い女性にも見られます。

極端なダイエットをしていると、身体を温めるエネルギーが不足してしまいます。

エネルギー不足により、身体を十分に温めることができず、末端の冷えに繋がってしまうのです。

内臓型の冷え性

内蔵型冷え性の人は、隠れ肥満タイプや食欲旺盛の人がなりやすい特徴があります。

このタイプの冷えは手足などの末端は温かいけれど、お腹が冷えやすいことがあります。

お腹周りの冷えがあり、厚着をしても冷えがおさまらないことも。内蔵型の冷え性の人は、はじめのうちは冷えに気づきにくいことがあります。

お腹の張りや二の腕の冷えなどを感じた時は、できるだけ早めに冷え性を改善することをおすすめします。

冷えの改善は漢方の得意分野

同じ冷え症でも、人それぞれの体質によって原因や改善方法はまったく異なります。

ストレスなどが原因の冷えのぼせタイプの人は実証タイプと、やせ型で全身の冷えを感じやすい虚証タイプとでは、異なる症状が出てきます。

体質改善や冷えの改善を得意とする漢方では、冷えの原因や体質を身体全体から判断して、最適な漢方薬を選択することができます。

冷え性だけでなくむくみや貧血などの、他の症状もある人は漢方薬で体質改善することが大切です。

関連記事

  1. 葛根湯は風邪のひき始めや肩こりに効果的な漢方薬
  2. 肩こりと漢方
PAGE TOP