玄参(げんじん)

生薬名

玄参(げんじん)

生薬ラテン名・学名

Scrophulariae Radix

生薬英語名

Scrophularia root

基原

玄参(げんじん)は、ゴマノハグサ科ゲンジン、ゴマノハグサの根を乾燥したもの

玄参(げんじん)の作用・効能効果

滋陰涼血・除煩、滋陰降火・解毒、清熱軟堅、潤腸通便

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

苦・鹹

薬性

帰経(臓腑弁証)

肺・胃・腎

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

補益薬

補益薬(ほえきやく)は、気や血、陰陽を補益して虚証を改善する薬のことです。

中薬中分類

滋陰薬

滋陰薬(じいんやく)とは、補陰薬や養陰薬とも呼ばれ、陰虚や津虚を改善する薬のことです。

玄参(げんじん)が含まれる漢方薬

  1. 加味温胆湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 山椒(さんしょう)

  2. 檳榔子(びんろうじ)

  3. 茵陳蒿(いんちんこう)

  4. 知母(ちも)

  5. 猪苓(ちょれい)

  6. 和羌活(わきょうかつ)

  7. 冬瓜子(とうがし)

  8. 桂皮(けいひ)

  9. 小麦(しょうばく)

  10. 防風(ぼうふう)

  11. 竜胆(りゅうたん)

  12. 黄柏(おうばく)

  13. 阿仙薬(あせんやく)

  14. 鬱金(うこん)

  15. 蓮肉(れんにく)