決明子(けつめいし)

生薬名

決明子(けつめいし)

生薬ラテン名・学名

Cassiae Semen

生薬英語名

Cassia Seed

基原

決明子(けつめいし)は、マメ科LeguminosaeのエビスグサCassia obtusifolia L.、コエビスグサC. tora L.の成熟した種子

決明子(けつめいし)の作用・効能効果

清肝益腎・祛風明目、潤陽通便

五味・五性・帰経の分類

「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

甘・苦・鹹

薬性

微寒

帰経(臓腑弁証)

肝・胆・腎

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

清熱薬

清熱薬(せいねつやく)とは、主に裏熱を改善する薬のことです。

中薬中分類

清熱明目薬

清熱明目薬(せいねつめいもくやく)とは、目の腫れや角膜の混濁、目の充血や腫脹などの症状に用いる薬のことです。

決明子(けつめいし)が含まれる漢方薬

  1. 決明丸
  2. 決明子散

この記事を見た人におすすめ

  1. 粟(あわ)

  2. 知母(ちも)

  3. 滑石(かっせき)

  4. 芍薬(しゃくやく)

  5. 麦芽(ばくが)

  6. 天門冬(てんもんどう)

  7. 蝉退(せんたい)

  8. 呉茱萸(ごしゅゆ)

  9. 升麻(しょうま)

  10. 麻黄(まおう)

  11. 遠志(おんじ)

  12. 沢瀉(たくしゃ)

  13. 紫蘇子(しそし)

  14. 山茱萸(さんしゅゆ)

  15. 山梔子(さんしし)