竜胆(りゅうたん)

生薬名

竜胆(りゅうたん)

生薬ラテン名・学名

Gentianae Scabrae Radix

生薬英語名

Japanese Gentian

基原

竜胆(りゅうたん)は、トウリンドウ Gentiana scabra Bunge、Gentiana manshurica Kitagawa 又は Gentiana triflora Pallas(Gentianaceae)の根及び根茎

竜胆(りゅうたん)の作用・効能効果

清熱燥湿、瀉肝降火

五味・五性・帰経の分類

生薬には「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

肝・胆・膀胱

産地

韓国、中国、日本など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

清熱薬

清熱薬(せいねつやく)とは、主に裏熱を改善する薬のことです。

中薬中分類

清熱燥湿薬

清熱燥湿薬(せいねつそうしつやく)とは、過剰な熱を冷まして余分な水を除去する薬のことです。

竜胆(りゅうたん)が含まれる漢方薬

  1. 加味解毒湯
  2. 疎経活血湯
  3. 立効散
  4. 竜胆瀉肝湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 牡蛎(ぼれい)

  2. 木香(もっこう)

  3. 呉茱萸(ごしゅゆ)

  4. 厚朴(こうぼく)

  5. 酸棗仁(さんそうにん)

  6. 小麦(しょうばく)

  7. 陳皮(ちんぴ)

  8. 茯苓(ぶくりょう)

  9. 天麻(てんま)

  10. 木通(もくつう)

  11. 乾姜(かんきょう)

  12. 辛夷(しんい)

  13. 山梔子(さんしし)

  14. 蘇葉(そよう)

  15. 薤白(がいはく)