鹿茸(ろくじょう)

生薬名

鹿茸(ろくじょう)

生薬ラテン名・学名

Cervi Cornu Pantrichm

生薬英語名

Antler Velvet

基原

鹿茸(ろくじょう)は、シカ科のマンシュウジカ、マンシュウアカジカなどの雄のまだ角化していない幼角

鹿茸(ろくじょう)の作用・効能効果

補真陽・益精血・強筋骨、調衝任・固帯脈、温補内托

五味・五性・帰経の分類

「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

甘・鹹

薬性

帰経(臓腑弁証)

肝・腎

産地

中国、ロシア、朝鮮半島など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

補益薬

補益薬(ほえきやく)は、気や血、陰陽を補益して虚証を改善する薬のことです。

鹿茸(ろくじょう)が含まれる漢方薬

  1. 鹿茸丸
  2. 鹿茸散
  3. 鹿茸大補丸
  4. 内金鹿茸丸
  5. 内補鹿茸丸

この記事を見た人におすすめ

  1. 生姜(しょうきょう)

  2. 石膏(せっこう)

  3. 桃仁(とうにん)

  4. 川芎(せんきゅう)

  5. 款冬花(かんとうか)

  6. 白芷(びゃくし)

  7. 前胡(ぜんこ)

  8. 枇杷葉(びわよう)

  9. 猪苓(ちょれい)

  10. 桂皮(けいひ)

  11. 炙甘草(しゃかんぞう)

  12. 藿香(かっこう)

  13. 蘇木(そぼく)

  14. 麻子仁(ましにん)

  15. 柴胡(さいこ)