荊芥(けいがい)

生薬名

荊芥(けいがい)

生薬ラテン名・学名

Schizonepetae Spica

生薬英語名

Schizonepeta Spike

基原

荊芥(けいがい)は、ケイガイ Schizonepeta tenuifolia Briquet(Labiatae)の花穂

荊芥(けいがい)の作用・効能効果

祛風解表、宣毒透疹、散瘀止血、祛風止痙

五味・五性・帰経の分類

生薬には「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

肺・肝

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

解表薬

解表薬(げひょうやく)とは、発汗させることで表邪を発散し、表証を改善する薬のことです。

中薬中分類

辛温解表薬

辛温解表薬(しんおんげひょうやく)とは、主に辛味で温性の薬で発汗力が強い薬のことです。

荊芥(けいがい)が含まれる漢方薬

  1. 駆風解毒散(駆風解毒湯)
  2. 荊芥連翹湯
  3. 荊防敗毒散
  4. 五物解毒散
  5. 治頭瘡一方
  6. 治頭瘡一方去大黄
  7. 十味敗毒湯
  8. 消風散
  9. 清上防風湯
  10. 川芎茶調散
  11. 当帰飲子
  12. 防風通聖散

この記事を見た人におすすめ

  1. 大棗(たいそう)

  2. 枳殻(きこく)

  3. 川芎(せんきゅう)

  4. 炙甘草(しゃかんぞう)

  5. 淡竹葉(たんちくよう)

  6. 酸棗仁(さんそうにん)

  7. 麻子仁(ましにん)

  8. 桔梗(ききょう)

  9. 山梔子(さんしし)

  10. 釣藤鈎(ちょうとうこう)

  11. 粳米(こうべい)

  12. 白朮(びゃくじゅつ)

  13. 地黄(じおう)

  14. 乾姜(かんきょう)

  15. 冬瓜子(とうがし)