桂枝(けいし)

生薬名

桂枝(けいし)

生薬ラテン名・学名

CINNAMOMI RAMULUS

生薬英語名

Cinnamon Twig

基原

桂枝(けいし)は、クスノキ科LauraceaeのケイCinnamomum cassia Bl.の若枝またはその樹皮

桂枝(けいし)の作用・効能効果

発汗解表、温通経脈、通陽化気、平衡降逆

五味・五性・帰経の分類

生薬には「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

辛・甘

薬性

帰経(臓腑弁証)

肺・心・脾・肝・腎・膀胱

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

解表薬

解表薬(げひょうやく)とは、発汗させることで表邪を発散し、表証を改善する薬のことです。

中薬中分類

辛温解表薬

辛温解表薬(しんおんげひょうやく)とは、主に辛味で温性の薬で発汗力が強い薬のことです。

桂枝(けいし)が含まれる漢方薬

  1. 安中散
  2. 葛根湯
  3. 桂枝湯
  4. 桂枝茯苓丸

この記事を見た人におすすめ

  1. 枳実(きじつ)

  2. 大棗(たいそう)

  3. 款冬花(かんとうか)

  4. 前胡(ぜんこ)

  5. 藁本(こうほん)

  6. 訶子(かし)

  7. 和羌活(わきょうかつ)

  8. 桔梗(ききょう)

  9. 天麻(てんま)

  10. 呉茱萸(ごしゅゆ)

  11. 黄芩(おうごん)

  12. 沢瀉(たくしゃ)

  13. 烏薬(うやく)

  14. 阿仙薬(あせんやく)

  15. 香附子(こうぶし)