黄柏(おうばく)

生薬名

黄柏(おうばく)

生薬ラテン名・学名

Phellodendri Cortex

生薬英語名

Phellodendron Bark

基原

黄柏(おうばく)は、キハダ Phellodendron amurense Ruprecht 又はPhellodendron chinense Schneider(Rutaceae)の周皮を除いた樹皮

黄柏(おうばく)の作用・効能効果

清熱燥湿、清熱瀉火、清熱解毒

五味・五性・帰経の分類

生薬には「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

腎・膀胱・大腸

産地

北海道、長野・群馬・福井・鳥取・福島県など。中国(四川・雲南・陜西・甘粛・湖北・広西省、東北地区など)。

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

清熱薬

中薬中分類

清熱燥湿薬

黄柏(おうばく)が含まれる漢方薬

  1. 黄連解毒湯
  2. 温清飲
  3. 加味解毒湯
  4. 加味四物湯
  5. 荊芥連翹湯
  6. 滋陰降火湯
  7. 滋腎通耳湯
  8. 七物降下湯
  9. 柴胡清肝湯
  10. 蒸眼一方
  11. 秦芁防風湯
  12. 清暑益気湯
  13. 知柏地黄丸
  14. 中黄膏
  15. 独活湯
  16. 半夏白朮天麻湯
  17. 楊柏散

この記事を見た人におすすめ

  1. 芒硝(ぼうしょう)

  2. 山査子(さんざし)

  3. 枳実(きじつ)

  4. 麻子仁(ましにん)

  5. 生姜(しょうきょう)

  6. 釣藤鈎(ちょうとうこう)

  7. 牡蛎(ぼれい)

  8. 鬱金(うこん)

  9. 黄芩(おうごん)

  10. 牛蒡子(ごぼうし)

  11. 和羌活(わきょうかつ)

  12. 桔梗(ききょう)

  13. 牛膝(ごしつ)

  14. 冬瓜子(とうがし)

  15. 防風(ぼうふう)