黄芩(おうごん)

生薬名

黄芩(おうごん)

生薬ラテン名・学名

Scutellariae Radix

生薬英語名

Scutellaria Root

基原

黄芩(おうごん)は、コガネバナ Scutellaria baicalensis Georgi(Labiatae)の周皮を除いた根

黄芩(おうごん)の作用・効能効果

清熱燥湿、清熱瀉火、解毒・涼血、清熱安胎

五味・五性・帰経の分類

生薬には「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

心・肺・胆・大腸・小腸

産地

中国北部,東シベリア,朝鮮半島にかけて分布

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

清熱薬

中薬中分類

清熱燥湿薬

黄芩(おうごん)が含まれる漢方薬

  1. 乙字湯
  2. 乙字湯去大黄
  3. 加味解毒湯
  4. 五淋散
  5. 甘草瀉心湯
  6. 甘露飲
  7. 黄芩湯
  8. 黄連解毒湯
  9. 黄連阿膠湯
  10. 三物黄芩湯
  11. 三黄瀉心湯
  12. 三黄散
  13. 半夏瀉心湯
  14. 二朮湯
  15. 清上防風湯
  16. 清心蓮子飲
  17. 清湿化痰湯
  18. 清肌安蛔湯
  19. 清肺湯
  20. 柴苓湯
  21. 柴胡桂枝湯
  22. 柴胡清肝湯
  23. 柴胡加竜骨牡蛎湯
  24. 柴胡桂枝乾姜湯
  25. 柴朴湯
  26. 小柴胡湯
  27. 大柴胡湯
  28. 女神散
  29. 当帰散
  30. 柴蘇飲
  31. 柴陥湯
  32. 温清飲
  33. 竜胆瀉肝湯
  34. 荊芥連翹湯
  35. 葛根黄連黄芩湯
  36. 辛夷清肺湯
  37. 防風通聖散

この記事を見た人におすすめ

  1. 橘皮(きっぴ)

  2. 竜骨(りゅうこつ)

  3. 黄耆(おうぎ)

  4. 阿仙薬(あせんやく)

  5. 檳榔子(びんろうじ)

  6. 酸棗仁(さんそうにん)

  7. 知母(ちも)

  8. 菊花(きくか)

  9. 沢瀉(たくしゃ)

  10. 防已(ぼうい)

  11. 烏薬(うやく)

  12. 連翹(れんぎょう)

  13. 半夏(はんげ)

  14. 葛根(かっこん)

  15. 呉茱萸(ごしゅゆ)