訶子(かし)

生薬名

訶子(かし)

生薬ラテン名・学名

Chebulae Fructus

生薬英語名

Myrobalan Fruit

基原

訶子(かし)は、シクンシ科のミロバランの果実を乾燥したもの

訶子(かし)の作用・効能効果

渋腸止瀉、斂肺下気開音

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

苦・酸・渋

薬性

帰経(臓腑弁証)

肺・大腸

産地

インド、ミャンマー、中国、タイ

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

収渋薬

収渋薬(しゅうじゅうやく)は収斂薬や固渋薬とも呼ばれ、収斂固渋の効能がある薬です。

訶子(かし)が含まれる漢方薬

  1. 響声破笛丸

この記事を見た人におすすめ

  1. 呉茱萸(ごしゅゆ)

  2. 竜胆(りゅうたん)

  3. 黄柏(おうばく)

  4. 枸杞子(くこし)

  5. 淡竹葉(たんちくよう)

  6. 沢瀉(たくしゃ)

  7. 細辛(さいしん)

  8. 蘇木(そぼく)

  9. 麦芽(ばくが)

  10. 炙甘草(しゃかんぞう)

  11. 橘皮(きっぴ)

  12. 附子(ぶし)

  13. 黄連(おうれん)

  14. 川芎(せんきゅう)

  15. 茯苓(ぶくりょう)