PICK UP

生薬名

人参(にんじん)

生薬ラテン名・学名

Ginseng Radix

生薬英語名

Ginseng

基原

人参(にんじん)は、オタネニンジン Panax ginseng C. A. Meyer(Panax schinseng Nees)(Araliaceae)の細根を除いた根又はこれを軽く湯通ししたもの

人参(にんじん)の作用・効能効果

補気固脱、補脾気、益肺気、生津止渇、安神益智

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

甘・微苦

薬性

微温

帰経(臓腑弁証)

肺・脾

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

補益薬

補益薬(ほえきやく)は気血陰陽を補益して虚証を改善する薬です。補益薬、補養薬、補薬の総称のこと。

中薬中分類

補気薬

補気薬(ほきやく)とは、益気薬とも呼ばれ気虚を改善する薬のことです。

人参(にんじん)が含まれる漢方薬

  1. 黄連湯
  2. 化食養脾湯
  3. 甘草瀉心湯
  4. 桂枝人参湯
  5. 人参湯
  6. 人参養栄湯
  7. 釣藤散
  8. 白虎加人参湯
  9. 半夏瀉心湯
  10. 補中益気湯
福岡市内の漢方相談ならKAMPO楓堂へ
KAMPO楓堂

『KAMPO楓堂』

赤坂駅から徒歩5分の漢方相談薬店『KAMPO 楓堂』です。 大正通りにあるオレンジの看板が目印。 「漢方をもっと気軽に身近に」をコンセプトに”気軽に相談できる”漢方薬店です。 一人ひとりの体質やお悩みに合わせて、最適な改善方法をご提案し、健康のサポートをしています。

おすすめの記事