薄荷(はっか)

生薬名

薄荷(はっか)

生薬ラテン名・学名

Menthae Herba

生薬英語名

Mentha Herb

基原

薄荷(はっか)は、ハッカ Mentha arvensis Linné var. piperascens Malinvaud(Labiatae)の地上部

薄荷(はっか)の作用・効能効果

疏散風熱、清頭目・利咽喉、透疹止痒、疎肝解鬱、闢穢

五味・五性・帰経の分類

生薬には「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

肺・脾

産地

北海道など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

解表薬

解表薬(げひょうやく)とは、発汗させることで表邪を発散し、表証を改善する薬のことです。

中薬中分類

辛涼解表薬

辛涼解表薬(しんりょうげひょうやく)とは、辛味で涼性の薬で発汗の力は緩やかで透熱散邪を促す薬のことです。

薄荷(はっか)が含まれる漢方薬

  1. 加減涼隔散
  2. 加味逍遙散
  3. 加味逍遙散加川芎地黄
  4. 響声破笛丸
  5. 銀翹散
  6. 荊芥連翹湯
  7. 荊防敗毒散
  8. 滋陰至宝湯
  9. 柴胡清肝湯
  10. 清上防風湯
  11. 川芎茶調散
  12. 洗肝明目湯
  13. 八味逍遙散
  14. 防風通聖散
  15. 逍遙散

この記事を見た人におすすめ

  1. 蘇葉(そよう)

  2. 何首烏(かしゅう)

  3. 独活(どっかつ)

  4. 烏梅(うばい)

  5. 陳皮(ちんぴ)

  6. 生姜(しょうきょう)

  7. 車前子(しゃぜんし)

  8. 五味子(ごみし)

  9. 茶葉(ちゃよう)

  10. 桂枝(けいし)

  11. 薤白(がいはく)

  12. 甘草(かんぞう)

  13. 竜胆(りゅうたん)

  14. 麻子仁(ましにん)

  15. 威霊仙(いれいせん)