山梔子(さんしし)

生薬名

山梔子(さんしし)

生薬ラテン名・学名

Gardeniae Fructus

生薬英語名

Gardenia Fruit

基原

山梔子(さんしし)は、クチナシ Gardenia jasminoides Ellis(Rubiaceae)の果実で、ときには湯通し又は蒸したもの

山梔子(さんしし)の作用・効能効果

清熱瀉火・徐煩、清熱利湿、清熱涼血・止血、清熱解毒

五味・五性・帰経の分類

「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

心・肺・肝・胃・三焦

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

清熱薬

清熱薬(せいねつやく)とは、主に裏熱を改善する薬のことです。

中薬中分類

清熱瀉火薬

山梔子(さんしし)が含まれる漢方薬

  1. 茵蔯蒿湯
  2. 温清飲
  3. 黄連解毒湯
  4. 加味逍遙散
  5. 荊芥連翹湯
  6. 柴胡清肝湯
  7. 清上防風湯
  8. 清肺湯
  9. 防風通聖散
  10. 竜胆瀉肝湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 竜骨(りゅうこつ)

  2. 山薬(さんやく)

  3. 辛夷(しんい)

  4. 縮砂(しゅくしゃ)

  5. 蝉退(せんたい)

  6. 麦芽(ばくが)

  7. 阿膠(あきょう)

  8. 粳米(こうべい)

  9. 桂枝(けいし)

  10. 訶子(かし)

  11. 枳殻(きこく)

  12. 木通(もくつう)

  13. 人参(にんじん)

  14. 艾葉(がいよう)

  15. 大棗(たいそう)