粟(あわ)

生薬名

粟(あわ)

生薬ラテン名・学名

Setariae Fructus

生薬英語名

Foxtail Millet

基原

粟(あわ)は、イネ科GramineaeのアワSetaria italica Beauv.の種子

粟(あわ)の作用・効能効果

益陰和胃・安神

五味・五性・帰経の分類

生薬には「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

微寒

帰経(臓腑弁証)

肺・胃・大腸

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

安神薬

安神薬(あんしんやく)は、精神安定や鎮静の効能がある薬です。安神薬には実証に使用する重鎮安神薬と虚証に使用する養心安神薬があります。

中薬中分類

養心安神薬

養心安神薬(ようしんあんしんやく)は養心柔肝や滋陰益血の効能があり、不眠や動悸、不安、多夢、焦燥などに適する。

粟(あわ)が含まれる漢方薬

  1. 胃風湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 柴胡(さいこ)

  2. 香附子(こうぶし)

  3. 蓮肉(れんにく)

  4. 芒硝(ぼうしょう)

  5. 蔓荊子(まんけいし)

  6. 熊胆(ゆうたん)

  7. 釣藤鈎(ちょうとうこう)

  8. 菊花(きくか)

  9. 前胡(ぜんこ)

  10. 烏梅(うばい)

  11. 威霊仙(いれいせん)

  12. 炙甘草(しゃかんぞう)

  13. 沢瀉(たくしゃ)

  14. 桑葉(そうよう)

  15. 羌活(きょうかつ)