麻黄(まおう)

生薬名

麻黄(まおう)

生薬ラテン名・学名

Ephedrae Herba

生薬英語名

Ephedra Herb

基原

麻黄(まおう)は、Ephedra sinica Stapf、Ephedra intermedia Schrenk et C. A. Meyer 又はEphedra equisetina Bunge(Ephedraceae)の地上茎

麻黄(まおう)の作用・効能効果

発汗解表、宣肺平喘・止咳、利水消腫

五味・五性・帰経の分類

生薬には「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

辛・微苦

薬性

帰経(臓腑弁証)

肺・膀胱

産地

中国の遼寧、陝西、内蒙古、山西など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

解表薬

解表薬(げひょうやく)とは、発汗させることで表邪を発散し、表証を改善する薬のことです。

中薬中分類

辛温解表薬

辛温解表薬(しんおんげひょうやく)とは、主に辛味で温性の薬で発汗力が強い薬のことです。

麻黄(まおう)が含まれる漢方薬

  1. 杏蘇散
  2. 烏薬順気散
  3. 越婢加朮湯
  4. 越婢加朮附湯
  5. 葛根加朮附湯
  6. 葛根湯
  7. 葛根湯加川芎辛夷
  8. 桂枝越婢湯
  9. 桂枝二越婢一湯
  10. 桂枝二越婢一湯加朮附
  11. 桂枝芍薬知母湯
  12. 桂麻各半湯
  13. 桂姜棗草黄辛附湯
  14. 五虎湯
  15. 五積散
  16. 柴葛解肌湯
  17. 柴葛湯加川芎辛夷
  18. 射干麻黄湯
  19. 小青竜湯
  20. 小青竜湯加杏仁石膏
  21. 小青竜湯加石膏
  22. 小続命湯
  23. 神秘湯
  24. 秦艽羌活湯
  25. 独活葛根湯
  26. 防風通聖散
  27. 麻杏甘石湯
  28. 麻杏薏甘湯
  29. 麻黄湯
  30. 麻黄附子細辛湯
  31. 薏苡仁湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 阿仙薬(あせんやく)

  2. 連翹(れんぎょう)

  3. 紫蘇子(しそし)

  4. 蘇葉(そよう)

  5. 竜骨(りゅうこつ)

  6. 細辛(さいしん)

  7. 前胡(ぜんこ)

  8. 木香(もっこう)

  9. 淡竹葉(たんちくよう)

  10. 蔓荊子(まんけいし)

  11. 胡麻(ごま)

  12. 蓮肉(れんにく)

  13. 紫根(しこん)

  14. 滑石(かっせき)

  15. 藁本(こうほん)