山薬(さんやく)

生薬名

山薬(さんやく)

生薬ラテン名・学名

Dioscoreae Rhizoma

生薬英語名

Dioscorea Rhizome

基原

山薬(さんやく)は、ヤマノイモ Dioscorea japonica Thunberg 又はナガイモ Dioscorea batatas Decaisne(Dioscoreaceae)の周皮を除いた根茎(担根体)

山薬(さんやく)の作用・効能効果

補脾止瀉、養陰扶脾、養肺益陰・止咳

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

脾・肺・腎

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

補益薬

補益薬(ほえきやく)は気血陰陽を補益して虚証を改善する薬です。補益薬、補養薬、補薬の総称のこと。

中薬中分類

補気薬

補気薬(ほきやく)とは、益気薬とも呼ばれ気虚を改善する薬のことです。

山薬(さんやく)が含まれる漢方薬

  1. 啓脾湯
  2. 牛車腎気丸
  3. 参苓白朮散
  4. 八味地黄丸
  5. 六味丸

この記事を見た人におすすめ

  1. 麦門冬(ばくもんどう)

  2. 薤白(がいはく)

  3. 蔓荊子(まんけいし)

  4. 炙甘草(しゃかんぞう)

  5. 蘇木(そぼく)

  6. 浜防風(はまぼうふう)

  7. 菊花(きくか)

  8. 鹿茸(ろくじょう)

  9. 厚朴(こうぼく)

  10. 縮砂(しゅくしゃ)

  11. 金銀花 (きんぎんか)

  12. 淡豆豉(たんとうし)

  13. 茴香(ういきょう)

  14. 知母(ちも)

  15. 桃仁(とうにん)