天門冬(てんもんどう)

生薬名

天門冬(てんもんどう)

生薬ラテン名・学名

Asparagi Radix

生薬英語名

Asparagus Tuber

基原

天門冬(てんもんどう)は、クサスギカズラ Asparagus cochinchinensis Merrill(Liliaceae)の根被の大部分を除いた根を、湯通し又は蒸したもの

天門冬(てんもんどう)の作用・効能効果

潤肺滋腎・清熱化瘀、潤腸通便

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

甘・苦

薬性

大寒

帰経(臓腑弁証)

肺・腎

産地

中国(四川省、広西省、雲南省)など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

補益薬

補益薬(ほえきやく)は、気や血、陰陽を補益して虚証を改善する薬のことです。

中薬中分類

滋陰薬

滋陰薬(じいんやく)とは、補陰薬や養陰薬とも呼ばれ、陰虚や津虚を改善する薬のことです。

天門冬(てんもんどう)が含まれる漢方薬

  1. 甘露飲
  2. 滋陰降火湯
  3. 清肺湯
  4. 天王補心丸

この記事を見た人におすすめ

  1. 決明子(けつめいし)

  2. 山査子(さんざし)

  3. 淡豆豉(たんとうし)

  4. 升麻(しょうま)

  5. 金銀花 (きんぎんか)

  6. 遠志(おんじ)

  7. 薤白(がいはく)

  8. 滑石(かっせき)

  9. 附子(ぶし)

  10. 羌活(きょうかつ)

  11. 五味子(ごみし)

  12. 細辛(さいしん)

  13. 生姜(しょうきょう)

  14. 前胡(ぜんこ)

  15. 竜骨(りゅうこつ)