独活(どっかつ)

生薬名

独活(どっかつ)

生薬ラテン名・学名

Araliae Cordatae Rhizoma

生薬英語名

Aralia Rhizome

基原

独活(どっかつ)は、ウド Aralia cordata Thunberg(Araliaceae)の、通例、根茎

独活(どっかつ)の作用・効能効果

祛風勝湿・止痛

五味・五性・帰経の分類

※簡単な解説文を挿入

薬味

辛・苦

薬性

微温

帰経(臓腑弁証)

肝・腎・膀胱

産地

日本(栃木県、群馬県、秋田県)など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

祛風湿薬

祛風湿薬(きょうふうしつやく)は、経絡や筋骨の間にある風湿の邪を祛除して痺通を改善する薬です。

独活(どっかつ)が含まれる漢方薬

  1. 駆風触痛湯
  2. 荊防敗毒散
  3. 十味敗毒湯
  4. 清上蠲痛湯
  5. 独活葛根湯
  6. 独活寄生湯
  7. 独活湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 藁本(こうほん)

  2. 前胡(ぜんこ)

  3. 枳殻(きこく)

  4. 柴胡(さいこ)

  5. 枳実(きじつ)

  6. 犬山椒(いぬざんしょう)

  7. 猪苓(ちょれい)

  8. 川芎(せんきゅう)

  9. 紅花(こうか)

  10. 麦門冬(ばくもんどう)

  11. 山梔子(さんしし)

  12. 茶葉(ちゃよう)

  13. 橘皮(きっぴ)

  14. 黄耆(おうぎ)

  15. 冬瓜子(とうがし)