知母(ちも)

生薬名

知母(ちも)

生薬ラテン名・学名

Anemarrhenae Rhizoma

生薬英語名

Anemarrhena Rhizoma

基原

知母(ちも)は、ハナスゲ Anemarrhena asphodeloides Bunge(Liliaceae)の根茎

知母(ちも)の作用・効能効果

清熱瀉火、清肺潤燥、滋陰・退虚熱、生津止渇

五味・五性・帰経の分類

「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

肺・胃・腎

産地

中国(河北省)など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

清熱薬

清熱薬(せいねつやく)とは、主に裏熱を改善する薬のことです。

中薬中分類

清熱瀉火薬

知母(ちも)が含まれる漢方薬

  1. 加味四物湯
  2. 桂枝芍薬知母湯
  3. 酸棗仁湯
  4. 滋陰降火湯
  5. 滋陰至宝湯
  6. 滋腎通耳湯
  7. 消風散
  8. 辛夷清肺湯
  9. 清熱補血湯
  10. 知柏地黄丸
  11. 白虎加桂枝湯
  12. 白虎加人参湯
  13. 白虎湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 熊胆(ゆうたん)

  2. 玄参(げんじん)

  3. 防已(ぼうい)

  4. 訶子(かし)

  5. 鹿茸(ろくじょう)

  6. 薤白(がいはく)

  7. 小麦(しょうばく)

  8. 延胡索(えんごさく)

  9. 麻黄(まおう)

  10. 紫根(しこん)

  11. 辛夷(しんい)

  12. 川芎(せんきゅう)

  13. 炙甘草(しゃかんぞう)

  14. 粳米(こうべい)

  15. 杜仲(とちゅう)