附子(ぶし)

生薬名

附子(ぶし)

生薬ラテン名・学名

Aconiti Radix Processa

生薬英語名

Aconitie Root

基原

附子(ぶし)は、ハナトリカブト Aconitum carmichaeli Debeaux 又はオクトリカブト Aconitum japonicum Thunberg(Ranunculaceae)の塊根を加工したもの

附子(ぶし)の作用・効能効果

回陽救逆、補陽益火、温陽利水、散寒止痛

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

大辛

薬性

大熱

帰経(臓腑弁証)

十二経

産地

中国(四川省など)、日本(北海道、群馬県)など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

散寒薬

散寒薬(さんかんやく)は辛散温通して陰寒を消散し、心・脾・腎に入り止痛や回腸、温経、散寒などの効能をあらわす。

附子(ぶし)が含まれる漢方薬

  1. 甘草附子湯
  2. 桂枝附子湯
  3. 四逆湯
  4. 真武湯
  5. 大黄附子湯
  6. 八味地黄丸

この記事を見た人におすすめ

  1. 藿香(かっこう)

  2. 粟(あわ)

  3. 甘草(かんぞう)

  4. 縮砂(しゅくしゃ)

  5. 麦芽(ばくが)

  6. 何首烏(かしゅう)

  7. 山薬(さんやく)

  8. 桂皮(けいひ)

  9. 淡豆豉(たんとうし)

  10. 小麦(しょうばく)

  11. 辛夷(しんい)

  12. 当帰(とうき)

  13. 竜眼肉(りゅうがんにく)

  14. 人参(にんじん)

  15. 茵陳蒿(いんちんこう)