茯苓(ぶくりょう)

生薬名

茯苓(ぶくりょう)

生薬ラテン名・学名

Poria

生薬英語名

Poria Sclerotium

基原

茯苓(ぶくりょう)は、マツホド Wolfiporia cocos Ryvarden et Gilbertson(Poria cocos Wolf)(Polyporaceae)の菌核で、通例、外層をほとんど除いたもの

茯苓(ぶくりょう)の作用・効能効果

利水滲湿、健脾補中、寧心安神

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

心・脾・胃・肺・腎

産地

中国(広東省、雲南省、貴州省)、日本など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

利水滲湿薬

利水滲湿薬(りすいしんしつやく)とは、体内の水の流れを整えて水湿を改善する薬です。服用することで尿量が増えることから利小便薬とも呼ばれます。

茯苓(ぶくりょう)が含まれる漢方薬

  1. 桂枝茯苓丸
  2. 五苓散
  3. 四君子湯
  4. 十味敗毒湯
  5. 小半夏加茯苓湯
  6. 釣藤散
  7. 半夏厚朴湯
  8. 防己茯苓湯
  9. 苓桂朮甘湯
  10. 連珠飲
  11. 茯苓飲
  12. 茯苓沢瀉湯
  13. 茘枝散

この記事を見た人におすすめ

  1. 芍薬(しゃくやく)

  2. 竜眼肉(りゅうがんにく)

  3. 款冬花(かんとうか)

  4. 大黄(だいおう)

  5. 天麻(てんま)

  6. 茵陳蒿(いんちんこう)

  7. 木香(もっこう)

  8. 竹筎(ちくじょ)

  9. 山薬(さんやく)

  10. 酸棗仁(さんそうにん)

  11. 辛夷(しんい)

  12. 紫根(しこん)

  13. 山椒(さんしょう)

  14. 粳米(こうべい)

  15. 杜仲(とちゅう)