乾姜(かんきょう)

生薬名

乾姜(かんきょう)

生薬ラテン名・学名

Zingiberis Rhizoma Processum

生薬英語名

Processed Ginger

基原

乾姜(かんきょう)は、ショウガ Zingiber officinale Roscoe(Zingiberaceae)の根茎を湯通し又は蒸したもの

乾姜(かんきょう)の作用・効能効果

温中散寒、回陽通脈、温肺化痰・化飲

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

大熱

帰経(臓腑弁証)

心・肺・脾・胃

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

散寒薬

散寒薬(さんかんやく)は辛散温通して陰寒を消散し、心・脾・腎に入り止痛や回腸、温経、散寒などの効能をあらわす。

乾姜(かんきょう)が含まれる漢方薬

  1. 烏薬順気散
  2. 黄連湯
  3. 解急蜀椒湯
  4. 乾姜人参半夏丸
  5. 甘草瀉心湯
  6. 芎帰調血飲
  7. 桂枝人参湯
  8. 堅中湯
  9. 五積散
  10. 参蘇飲
  11. 四逆加人参湯
  12. 四逆湯
  13. 柴胡桂枝乾姜湯
  14. 小青竜湯
  15. 小青竜湯加杏仁石膏
  16. 小青竜湯加石膏
  17. 人参湯(理中丸)
  18. 生姜瀉心湯
  19. 蘇子降気湯
  20. 大建中湯
  21. 中建中湯
  22. 当帰湯
  23. 半夏白朮天麻湯
  24. 半夏瀉心湯
  25. 附子理中湯
  26. 苓姜朮甘湯
  27. 枳縮二陳湯
  28. 椒梅湯
  29. 芎帰調血飲第一加減

この記事を見た人におすすめ

  1. 蘇木(そぼく)

  2. 犬山椒(いぬざんしょう)

  3. 黄耆(おうぎ)

  4. 生姜(しょうきょう)

  5. 縮砂(しゅくしゃ)

  6. 小麦(しょうばく)

  7. 淡豆豉(たんとうし)

  8. 天麻(てんま)

  9. 黄柏(おうばく)

  10. 半夏(はんげ)

  11. 甘草(かんぞう)

  12. 木香(もっこう)

  13. 陳皮(ちんぴ)

  14. 大棗(たいそう)

  15. 藿香(かっこう)