猪苓(ちょれい)

生薬名

猪苓(ちょれい)

生薬ラテン名・学名

Polyporus

生薬英語名

Polyporus Sclerotium

基原

猪苓(ちょれい)は、チョレイマイタケ Polyporus umbellatus Fries(Polyporaceae)の菌核

猪苓(ちょれい)の作用・効能効果

利水滲湿

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

腎・膀胱

産地

中国(雲南、山西、陝西)など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

利水滲湿薬

利水滲湿薬(りすいしんしつやく)とは、体内の水の流れを整えて水湿を改善する薬です。服用することで尿量が増えることから利小便薬とも呼ばれます。

猪苓(ちょれい)が含まれる漢方薬

  1. 胃苓湯
  2. 五苓散
  3. 四苓湯
  4. 柴苓湯
  5. 猪苓湯
  6. 猪苓湯合四物湯
  7. 分消湯
  8. 茵蔯五苓散

この記事を見た人におすすめ

  1. 香附子(こうぶし)

  2. 麦芽(ばくが)

  3. 阿仙薬(あせんやく)

  4. 連翹(れんぎょう)

  5. 半夏(はんげ)

  6. 和羌活(わきょうかつ)

  7. 菊花(きくか)

  8. 藿香(かっこう)

  9. 小麦(しょうばく)

  10. 茴香(ういきょう)

  11. 金銀花 (きんぎんか)

  12. 紫根(しこん)

  13. 独活(どっかつ)

  14. 黄柏(おうばく)

  15. 粟(あわ)