威霊仙(いれいせん)

生薬名

威霊仙(いれいせん)

生薬ラテン名・学名

Clematidis Radix

生薬英語名

Clematis Root

基原

威霊仙(いれいせん)は、Clematis mandshurica Ruprecht,サキシマボタンヅル Clematis chinensis Osbeck又はClematis hexapetala Pallas(Ranunculaceae)の根及び根茎

威霊仙(いれいせん)の作用・効能効果

祛風除湿。通絡止痛、消痰逐飲

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

膀胱

産地

中国(吉林、遼寧、安徽省など)

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

祛風湿薬

祛風湿薬(きょうふうしつやく)は、経絡や筋骨の間にある風湿の邪を祛除して痺通を改善する薬です。

威霊仙(いれいせん)が含まれる漢方薬

  1. 二朮湯
  2. 疎経活血湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 竹筎(ちくじょ)

  2. 防風(ぼうふう)

  3. 苦参(くじん)

  4. 大棗(たいそう)

  5. 生姜(しょうきょう)

  6. 藿香(かっこう)

  7. 蔓荊子(まんけいし)

  8. 五味子(ごみし)

  9. 茴香(ういきょう)

  10. 地黄(じおう)

  11. 決明子(けつめいし)

  12. 薤白(がいはく)

  13. 麻子仁(ましにん)

  14. 川芎(せんきゅう)

  15. 蒼朮(そうじゅつ)