山椒(さんしょう)

生薬名

山椒(さんしょう)

生薬ラテン名・学名

Zanthoxyli Piperiti Pericarpium

生薬英語名

Zanthoxylum Fruit

基原

山椒(さんしょう)は、サンショウ Zanthoxylum piperitum De Candolle(Rutaceae)の成熟した果皮で、果皮から分離した種子をできるだけ除いたもの

山椒(さんしょう)の作用・効能効果

散寒止痛・燥湿、解毒駆虫

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

脾・胃・腎

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

散寒薬

散寒薬(さんかんやく)は辛散温通して陰寒を消散し、心・脾・腎に入り止痛や回腸、温経、散寒などの効能をあらわす。

山椒(さんしょう)が含まれる漢方薬

  1. 大建中湯
  2. 当帰湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 何首烏(かしゅう)

  2. 葛根(かっこん)

  3. 烏薬(うやく)

  4. 滑石(かっせき)

  5. 猪苓(ちょれい)

  6. 玄参(げんじん)

  7. 大黄(だいおう)

  8. 茴香(ういきょう)

  9. 藁本(こうほん)

  10. 冬瓜子(とうがし)

  11. 枳実(きじつ)

  12. 車前子(しゃぜんし)

  13. 苦参(くじん)

  14. 前胡(ぜんこ)

  15. 鹿茸(ろくじょう)