沢瀉(たくしゃ)

生薬名

沢瀉(たくしゃ)

生薬ラテン名・学名

Alismatis Tuber

生薬英語名

Alisma Rhizome

基原

沢瀉(たくしゃ)は、サジオモダカ Alisma orientale Juzepczuk(Alismataceae)の塊茎で、通例、周皮を除いたもの

沢瀉(たくしゃ)の作用・効能効果

利水滲湿・泄熱、除痰飲

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

腎・膀胱

産地

中国(四川省 、福建省)など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

利水滲湿薬

利水滲湿薬(りすいしんしつやく)とは、体内の水の流れを整えて水湿を改善する薬です。服用することで尿量が増えることから利小便薬とも呼ばれます。

沢瀉(たくしゃ)が含まれる漢方薬

  1. 五苓散
  2. 沢瀉散
  3. 当帰芍薬散
  4. 猪苓散
  5. 八味地黄丸
  6. 茯苓沢瀉湯
  7. 沢瀉湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 牛蒡子(ごぼうし)

  2. 山茱萸(さんしゅゆ)

  3. 枳殻(きこく)

  4. 大棗(たいそう)

  5. 茴香(ういきょう)

  6. 大黄(だいおう)

  7. 羌活(きょうかつ)

  8. 木香(もっこう)

  9. 酸棗仁(さんそうにん)

  10. 貝母(ばいも)

  11. 麻子仁(ましにん)

  12. 呉茱萸(ごしゅゆ)

  13. 烏薬(うやく)

  14. 車前子(しゃぜんし)

  15. 桑葉(そうよう)