紅花(こうか)

生薬名

紅花(こうか)

生薬ラテン名・学名

Carthami Flos

生薬英語名

Safflower

基原

紅花(こうか)は、ベニバナ Carthamus tinctorius Linné(Compositae)の管状花をそのまま又は黄色色素の大部分を除いたもので、ときに圧搾して板状としたもの

紅花(こうか)の薬能・こんな症状に

活血通経、祛瘀止痛

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経(臓腑弁証)

心・肝

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

理血薬

散寒薬(さんかんやく)は辛散温通して陰寒を消散し、心・脾・腎に入り止痛や回腸、温経、散寒などの効能をあらわす。

中薬中分類

活血化瘀薬

活血化瘀薬とは、血液の流れを改善し瘀血を消散する薬のことです。

紅花(こうか)が含まれる漢方薬

  1. 葛根紅花湯
  2. 滋血潤腸湯
  3. 治頭瘡一方
  4. 治頭瘡一方去大黄
  5. 蒸眼一方
  6. 秦芁防風湯
  7. 秦芁羗活湯
  8. 折衝飲
  9. 通導散
  10. 芎帰調血飲第一加減

この記事を見た人におすすめ

  1. 猪苓(ちょれい)

  2. 麦芽(ばくが)

  3. 藿香(かっこう)

  4. 枳実(きじつ)

  5. 麻黄(まおう)

  6. 良姜(りょうきょう)

  7. 大棗(たいそう)

  8. 茴香(ういきょう)

  9. 防已(ぼうい)

  10. 山薬(さんやく)

  11. 貝母(ばいも)

  12. 炙甘草(しゃかんぞう)

  13. 竜眼肉(りゅうがんにく)

  14. 枳殻(きこく)

  15. 芍薬(しゃくやく)