大黄(だいおう)

生薬ラテン名

RHEI RHIZOMA

生薬英名

Rhubarb

基原

タデ科のダイオウ類の根茎を乾燥したもの

主要成分

アントラキノン類、 タンニンなど

薬性

薬味

帰経

脾・胃・大腸・心包・肝

薬能(効能・効果)

瀉下、清熱、活血、駆瘀血

大黄(だいおう)が配合される主な漢方薬

  • 大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
  • 大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 大柴胡湯(だいさいことう)

関連記事

  1. 陳皮(ちんぴ)

  2. 茴香(ういきょう)

  3. 附子(ぶし)

  4. 防已(ぼうい)

  5. 半夏(はんげ)

  6. 良姜(りょうきょう)