前胡(ぜんこ)

生薬名

前胡(ぜんこ)

生薬ラテン名・学名

Peucedani Radix

生薬英語名

Peucedanum Root

基原

前胡(ぜんこ)は、Peucedanum praeruptorum Dunnの根(白花ゼンコ)又はノダケ Angelica decursiva Franchet et Savatier(Peucedanum decursivum Maximowicz)(Umbelliferae)の根(紫花ゼンコ)

前胡(ぜんこ)の作用・効能効果

降気消痰、宣散風熱

五味・五性・帰経の分類

「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

苦・辛

薬性

微寒

帰経(臓腑弁証)

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

化痰止咳平喘薬

化痰止咳平喘薬(けたんしがいへいぜんやく)とは、呼吸困難などの喘咳を軽減するための薬のことです。

中薬中分類

止咳平喘薬

前胡(ぜんこ)が含まれる漢方薬

  1. 荊防敗毒散
  2. 参蘇飲
  3. 蘇子降気湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 紫蘇子(しそし)

  2. 沢瀉(たくしゃ)

  3. 浜防風(はまぼうふう)

  4. 防已(ぼうい)

  5. 芒硝(ぼうしょう)

  6. 附子(ぶし)

  7. 独活(どっかつ)

  8. 粟(あわ)

  9. 茯苓(ぶくりょう)

  10. 酸棗仁(さんそうにん)

  11. 黄芩(おうごん)

  12. 防風(ぼうふう)

  13. 藿香(かっこう)

  14. 五味子(ごみし)

  15. 枳殻(きこく)