麦門冬(ばくもんどう)

生薬ラテン名

OPHIOPOGONIS TUBER

生薬英名

Ophiopogon Root

基原

ユリ科のジャノヒゲの根の膨大部を乾燥したもの

主要成分

サポニン、フラボノイド、糖類など

薬性

寒(微)

薬味

甘・苦(微)

帰経

心・肺・胃

薬能(効能・効果)

止咳、補陰、去痰

麦門冬(ばくもんどう)が配合される主な漢方薬

関連記事

  1. 縮砂(しゅくしゃ)

  2. 陳皮(ちんぴ)

  3. 甘草(かんぞう)

  4. 竜骨(りゅうこつ)

  5. 附子(ぶし)

  6. 桂皮(けいひ)