藁本(こうほん)

生薬名

藁本(こうほん)

生薬ラテン名・学名

Ligustici Rhizoma

生薬英語名

Ligustucum Sinense Rhizome

基原

藁本(こうほん)は、セリ科のコウホンなどの根や根茎を乾燥したもの

藁本(こうほん)の作用・効能効果

散寒解表、祛風勝湿・止痛

五味・五性・帰経の分類

生薬には「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

薬性

帰経

膀胱

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

解表薬

解表薬(げひょうやく)とは、発汗させることで表邪を発散し、表証を改善する薬のことです。

中薬中分類

辛温解表薬

辛温解表薬(しんおんげひょうやく)とは、主に辛味で温性の薬で発汗力が強い薬のことです。

藁本(こうほん)が含まれる漢方薬

  1. 清上蠲痛湯(駆風触痛湯)
  2. 秦芁羗活湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 烏梅(うばい)

  2. 羌活(きょうかつ)

  3. 黄芩(おうごん)

  4. 丁子(ちょうじ)

  5. 良姜(りょうきょう)

  6. 麻子仁(ましにん)

  7. 紅花(こうか)

  8. 粳米(こうべい)

  9. 苦参(くじん)

  10. 紫根(しこん)

  11. 金銀花 (きんぎんか)

  12. 熊胆(ゆうたん)

  13. 檳榔子(びんろうじ)

  14. 辛夷(しんい)

  15. 川芎(せんきゅう)