当帰(とうき)

生薬名

当帰(とうき)

生薬ラテン名・学名

Angelicae Acutilobae Radix

生薬英語名

Japanese Angelica root

基原

当帰(とうき)は、トウキ Angelica acutiloba Kitagawa又はホッカイトウキ Angelica acutiloba Kitagawa var. sugiyamae Hikino(Umbelliferae)の根を、通例、湯通ししたもの

当帰(とうき)の作用・効能効果

補血調経、活血行気・止痛、潤腸通便

五味・五性・帰経の分類

生薬には「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

甘・辛・苦

薬性

帰経(臓腑弁証)

心・肝・脾

産地

日本(北海道、青森、岩手、群馬、奈良、和歌山)など

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

補益薬

補益薬(ほえきやく)は、気や血、陰陽を補益して虚証を改善する薬のことです。

中薬中分類

養血薬

補血薬や益血薬とも呼ばれ、血虚を改善する薬であり、肝血虚や心血虚に適する。

当帰(とうき)が含まれる漢方薬

  1. 温清飲
  2. 四物湯
  3. 当帰建中湯
  4. 当帰散
  5. 当帰四逆湯
  6. 当帰湯
  7. 当帰養血湯
  8. 当帰芍薬散
  9. 連珠飲
  10. 芎帰膠艾湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 猪苓(ちょれい)

  2. 茶葉(ちゃよう)

  3. 薄荷(はっか)

  4. 連翹(れんぎょう)

  5. 延胡索(えんごさく)

  6. 黄連(おうれん)

  7. 香附子(こうぶし)

  8. 訶子(かし)

  9. 蓮肉(れんにく)

  10. 何首烏(かしゅう)

  11. 炙甘草(しゃかんぞう)

  12. 枳実(きじつ)

  13. 熊胆(ゆうたん)

  14. 和羌活(わきょうかつ)

  15. 浜防風(はまぼうふう)