麻黄(まおう)

生薬ラテン名

EPHEDRAE HERBA

生薬英名

Ephedra Herb

基原

マオウ科の地上茎を乾燥したもの

主要成分

アルカロイド、多糖類、フラボノイドなど

薬性

薬味

辛・苦

帰経

肺・膀胱

薬能(効能・効果)

発汗、鎮咳、利水

麻黄(まおう)が配合される主な漢方薬

関連記事

  1. 薄荷(はっか)

  2. 荊芥(けいがい)

  3. 大黄(だいおう)

  4. 辛夷(しんい)

  5. 甘草(かんぞう)

  6. 当帰(とうき)