蒼朮(そうじゅつ)

生薬名

蒼朮(そうじゅつ)

生薬ラテン名・学名

Atractylodis Lanceae Rhizoma

生薬英語名

Atractylodes Lancea Rhizoma

基原

蒼朮(そうじゅつ)は、ホソバオケラ Atractylodes lancea De Candolle、シナオケラ Atractylodes chinensis Koidzumi 又はそれらの種間雑種(Compositae)の根茎

蒼朮(そうじゅつ)の作用・効能効果

祛風除湿、燥湿健脾、散寒解表、除障明目

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

辛・苦

薬性

帰経(臓腑弁証)

脾・胃

産地

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

祛風湿薬

祛風湿薬(きょうふうしつやく)は、経絡や筋骨の間にある風湿の邪を祛除して痺通を改善する薬です。

蒼朮(そうじゅつ)が含まれる漢方薬

  1. 胃苓湯
  2. 加味平胃散
  3. 桂枝加朮附湯
  4. 香砂平胃散
  5. 香砂養胃湯
  6. 治頭瘡一方
  7. 消風散
  8. 清湿化痰湯
  9. 疎経活血湯
  10. 二朮湯
  11. 不換金正気散
  12. 分消湯
  13. 平胃散

この記事を見た人におすすめ

  1. 牛蒡子(ごぼうし)

  2. 牡蛎(ぼれい)

  3. 沢瀉(たくしゃ)

  4. 竜骨(りゅうこつ)

  5. 藁本(こうほん)

  6. 釣藤鈎(ちょうとうこう)

  7. 熊胆(ゆうたん)

  8. 烏薬(うやく)

  9. 葛根(かっこん)

  10. 鹿茸(ろくじょう)

  11. 白芷(びゃくし)

  12. 地黄(じおう)

  13. 玄参(げんじん)

  14. 茯苓(ぶくりょう)

  15. 車前子(しゃぜんし)