檳榔子(びんろうじ)

生薬名

檳榔子(びんろうじ)

生薬ラテン名・学名

Arecae Semen

生薬英語名

Areca

基原

檳榔子(びんろうじ)は、ビンロウ Areca catechu Linné(Palmae)の種子

檳榔子(びんろうじ)の作用・効能効果

行気消積・瀉下、利水消腫、殺虫

五味・五性・帰経の分類

生薬には「寒・涼・平・熱・温」の5つの五性、「酸」・「苦」・「鹹」・「辛」・「甘」という5種類の薬味、生薬が身体のどの部分に作用するのかを示す帰経があります。

薬味

苦・辛

薬性

帰経(臓腑弁証)

胃・大腸

産地

中国(海南島、福建省、雲南省)、台湾、インドなど

中薬の分類

中医学に基づく方剤の分類です。中医学で使用する薬を中薬と呼びます。

中薬大分類

行気薬

行気薬(こうきやく)は、気の流れを整えて、気滞を改善する薬です。

檳榔子(びんろうじ)が含まれる漢方薬

  1. 烏苓通気散
  2. 延年半夏湯
  3. 九味檳榔湯
  4. 鶏鳴散加茯苓
  5. 女神散
  6. 椒梅湯

この記事を見た人におすすめ

  1. 桂枝(けいし)

  2. 蘇葉(そよう)

  3. 羌活(きょうかつ)

  4. 烏薬(うやく)

  5. 牛蒡子(ごぼうし)

  6. 当帰(とうき)

  7. 蔓荊子(まんけいし)

  8. 柴胡(さいこ)

  9. 陳皮(ちんぴ)

  10. 葛根(かっこん)

  11. 菊花(きくか)

  12. 炙甘草(しゃかんぞう)

  13. 天門冬(てんもんどう)

  14. 縮砂(しゅくしゃ)

  15. 前胡(ぜんこ)