附子(ぶし)

生薬ラテン名

PROCESSI ACONITI RADIX

生薬英名

Processed Aconite Root

基原

キンボウゲ科のハナトリカブトやオクトリカブトなどの塊根を滅菌処理して乾燥したもの

主要成分

アルカロイド

薬性

薬味

辛(大)

帰経

心・脾・腎

薬能(効能・効果)

補陽、湿裏、止痛

附子(ぶし)が配合される主な漢方薬

関連記事

  1. 山茱萸(さんしゅゆ)

  2. 竜骨(りゅうこつ)

  3. 釣藤鈎(ちょうとうこう)

  4. 半夏(はんげ)

  5. 五味子(ごみし)

  6. 辛夷(しんい)