桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桂枝茯苓丸料

01効能・効果

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ、湿疹・皮膚炎、にきび

02こんな時におすすめ

こんな方におすすめの漢方薬のぼせて足が冷え、肩こり、生理痛がつらい方に

03医薬品の分類

第2類医薬品

04桂枝茯苓丸とは

※文章

構成生薬

ケイヒ シャクヤク トウニン ブクリョウ ボタンピ

05注意点

相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(4)今までに薬などにより発疹、発赤、かゆみ等を起こしたことがある人

06用法・用量

1日2回朝夕の空腹時に、本品1包(1回分)を和紙袋入りのまま、水約300mlを加えて半量ぐらいまで煎じつめ、和紙袋とともに煎じかすを除き、次の量を服用してください。

年齢 1回量
大人(15歳以上) 全量
7歳以上15歳未満 大人の2/3
4歳以上7歳未満 大人の1/2
4歳未満 服用しないこと

〈用法・用量に関連する注意〉
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

【保管及び取扱い上の注意】
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤飲の原因になったり品質が変わることがあります。)

07副作用

服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この袋を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

関係部位 症状
皮膚 発疹、発赤、かゆみ
消化器 食欲不振

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診察を受けてください。

症状の名称 症状
肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。

1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この袋を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

08料金

用量 料金
1杯分(1包) 380円(税込み 418円)
5日分(10包) 3000円(税込み 3300円)

※ご家庭用の耐熱ポットもご用意しています。

関連記事

  1. 抑肝散

    抑肝散(よくかんさん)

  2. 小青竜湯

    小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

  3. 六君子湯

    六君子湯(りっくんしとう)

  4. 加味逍遙散料

    加味逍遙散(かみしょうようさん)

  5. 防風通聖散料

    防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

  6. 麦門冬湯

    麦門冬湯(ばくもんどうとう)